湯河原荘の名義に関する件につきまして


湯河原荘の名義がぜんしきょうから変わっている件に関しまして、

 

ぜんしきょうの資産(湯河原荘、雲仙荘、第1塩山荘、第2塩山荘)を乗っ取り、略奪しようとしている元監事、大幡照夫氏、元理事、柿澤孝久氏らが、ぜんしきょうを守ろうとしている伊藤理事長、高田副理事長を不当に解任させ、各施設を売却し、その売却益で私欲を肥やす、また、「入居者を退去させたら5000万円下さい。」などと言っていた事件。