本社移転に関しまして


ぜんしきょうの新宿本社は、家賃がもともと200万円と高く、更に年々地価が上がり、2020年10月の更新時には3分の1の広さで250万円まで家賃が高騰した為、

ぜんしきょうの運営面から考えても、ぜんしきょうの新宿本社移転は必須でした。

2019年10月がちょうど新宿本社の更新月でしたので、その時点から、ぜんしきょうの健全な運営の為に本社移転は必要なのではと、サポーター幹事会や職員会議で賛成を得ていた案件でしたが、引っ越し費用や原状回復費などを計算すると2000万円程かかるのは免れなかった為、2019年10月の本社移転をあきらめ、1年間更新期間を延長していました。

2020年10月、再度更新の時が訪れましたが、業務過多と。本来であれば、2020年12月にきちんとした本社移転を予定しておりましたが、様々な悪意的作用があり、10月に急遽意図的に引っ越しを余儀なくされました。その際、本部が悪意により荒らされ、その写真を週刊誌と会社資産乗っ取り目的、会社を破産へ追い込む為の裁判の相手側の資料にされ、嘘の『本社夜逃げ話』に捏造されました。

 

 

以上。


証拠資料1

悪意的に荒らされた前本部

第一塩山荘の仮本社




新宿本社移転後の写真