様々な誤解を正しく解説

 

新・介護の時間サービスについて
「時間が、大幅に減った!!約束が違うじゃないか
いいえ、違います。
違法性を無くし、是正したことにより、

実質利用時間は増えました!

当会ではご入会されている会員(仲間)の皆様へ

新・介護の時間サービスを提供しております。

 

新・介護の時間サービスとは?      

介護が必要になった場合、お金ではなく

介護の時間そのものを時間単位で提供するサービスです。

専門スタッフが必要な方のご自宅に伺い身体介護や生活援助を行います。

このサービスは、単にお金を給付して”おしまい”といった対応ではなく、

介護サービスそのものを時間単位で提供することが最大の特徴です。

 

なぜ、時間を提供するのか?

介護が “イキイキとした人間らしい時間を奪うもの” だと、

これまでの経験上よく知っているからです。

私たちが提供する時間は、基本的な「生活の質」を守り、

介護を受ける方やその後家族にとって安心できる時間、

お互いの介護疲れから開放される時間を増やします。 

 

「時間の価値」は永遠に変わらない

たとえば「いま100円で買えるパン」は10年後はいくらでしょうか?

90円かも知れないし、120円かもしれません。

それに対して「1時間の長さ」は、10年後も100年後も同じです。

つまり、お金の価値は変わっても、時間の価値は永遠に変わらないということ。

 

だから、ぜんしきょうの『新・介護の時間サービス』は、

社会が変化しても変わらずに”安心と満足”を提供できるサービスなのです。